読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリング資金調達~中小企業が生き残るためにはこれ

債権の現金化をするファクタリングという資金調達方法について中小企業の経営者である私が説明しています。倒産を防ぐ方法としても有効です。なるべく簡単で分かりやすく説明をしていますので、ファクタリングの活用を検討されている経営者の方は御参考にしていただけたら幸いです。

ファクタリングのよくあるトラブルについて

ファクタリングを専門の業者に依頼する際、最も起こりがちなトラブルとしては、主に2つが挙げられます。

ファクタリングにまつわるトラブル

 

f:id:tabibito1515:20160824171314j:plain



まず、1つ目は、あまりにも高い手数料を要求されることです。場合によっては、それによって損失が出ることもあります。

 

ただし、業者が手数料を要求すること自体は、業者がファクタリングによって収入を得るために必要なものですし、収入がなければ、ファクタリング自体が成り立たないため、手数料を取ること自体が問題であるということではないということに注意する必要があります。

契約をしないために起こるトラブル

 

もう1つは、契約書を作成せず、契約内容が不明瞭なまま、ファクタリングが行われることです。

 

この場合、すぐに契約が履行されると言うメリットもあるにはありますが、やはり、前述のように手数料などが業者側に非常に有利な内容であったり、虚偽の申告によるトラブルに発展したりすることが多く、デメリットの方がはるかに勝ると言えるでしょう。

 

基本的には、契約の前に業者の信頼性などをチェックしておき、評判の悪い業者とは契約を結ばないようにしていけば、このようなトラブルに巻き込まれることはありません。

 

しかし、そもそもファクタリング自体が、債権から手数料を差し引いてでも即座に現金が必要というような危機的な状況で行われるものであり、そのために、有利な条件に吊られやすくなりやすいことも事実です。

 

そのため、このような状況だからこそ、より用心して資金調達を行うようにすることが推奨されます。

もしも、悪質なファクタリング業者と契約を結んでしまった場合は、できるだけ早く契約を解除する必要があります。

トラブルの程度によっては弁護士へ相談する

 

これについては、ファクタリングに関するトラブルが起きた場合は、金融関連に詳しい弁護士などに相談した方が良いでしょう。ただし、もちろん悪質な弁護士もいるため、これについても、あらかじめ評判を調べておいた方が良いことは言うまでもありません。

 

悪質なファクタリング業者と契約を結んだうえ、悪質な弁護士に仕事を依頼してしまったということは、何としても避けるようにしましょう。