読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリング資金調達~中小企業が生き残るためにはこれ

債権の現金化をするファクタリングという資金調達方法について中小企業の経営者である私が説明しています。倒産を防ぐ方法としても有効です。なるべく簡単で分かりやすく説明をしていますので、ファクタリングの活用を検討されている経営者の方は御参考にしていただけたら幸いです。

ファクタリングの申し込みの仕方はとても簡単?

ファクタリングの申し込みをしようとする場合には、まずは専門のファクタリング業者が存在していますので、そこにコンタクトをとるところからはじまります。

ファクタリングの申し込み相手について

f:id:tabibito1515:20160824175755j:plain



こうした業者としては、銀行、貸金業者、リース会社などのさまざまな系列があり、それぞれサービスの内容が異なっている場合もあります。

業者をいくつか比較して、適当なところに直接コンタクトをとるのもよいですし、現在では複数の業者に一括して相談内容を送信できるようになっているインターネット上の専門サイトなどもありますので、そうしたものを利用してみてもよいでしょう。

コンタクトをとる方法としては、すでにネット上に専用フォームがもうけられている場合もありますし、電話やメール、ファクシミリなどといった、従来の方法でも受け付けています。

申し込みは所定の書類を提出

ファクタリングを申し込みたい業者がきまったら、所定の申込書を提出することになりますが、このあとには審査が控えていますので、ある程度の参考となる書類を準備しておかなければなりません。

提出書類としては、たとえば法人登記簿や定款、決算書、確定申告書の写し、ファクタリングに利用しようとする売掛債権の詳細などといったものが挙げられます。こうしたものを揃えた上での申し込みですので、書類の取り寄せそのものにも若干の時間がかかることは想定しておかなければなりません。

銀行融資と比較して申し込みからスピーディー

ファクタリングの場合、銀行のような信用に応じた融資ではなく、あくまでも売掛債権という将来的に現金となる確実性が高いものがあった上で、これを業者に譲渡することで早期に現金を得るためのしくみですので、審査そのものは、銀行融資にくらべると格段にスピーディーであり、また基準も柔軟性が高いといわれています。

したがって、申し込みの手続きが済めば、すぐに業者側でも審査に入り、実際にファクタリングの契約を締結できるかどうかが通知されます。

なお、正式契約にあたっても、別に法人の印鑑証明などの書類が必要となります。