読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリング資金調達~中小企業が生き残るためにはこれ

債権の現金化をするファクタリングという資金調達方法について中小企業の経営者である私が説明しています。倒産を防ぐ方法としても有効です。なるべく簡単で分かりやすく説明をしていますので、ファクタリングの活用を検討されている経営者の方は御参考にしていただけたら幸いです。

資金が今週中に必要な時の調達手段について紹介します。

こんにちは、中小企業の経営者です。記事をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。私は元銀行員で現在は不動産会社とIT会社を経営しています。資金繰りに悩む経営者の方に、有効な手段などをお伝えさせていただいております。

 f:id:tabibito1515:20151220110615j:plain

今回は、資金が今週中にどうしても必要になってしまった場合に、講じるべき調達手段についてご紹介させていただきたいと思います。

 

今週中にどうしても必要

 

まず、今週中に資金が必要になるケースの代表例についてご紹介したいと思います。

 

売掛先の企業が倒産してしまい、今週末までに入金される予定だった売上金額が入金されなくなってしまうと非常に困りますよね。でも、今週末には従業員の方への給与支払いや、仕入先に対する代金振込みなどが必要・・・。そういうケースを想像すると非常にまさに冷や汗モノで、生きている心地がしなくなりますよね・・・。しかも、必要な金額は何十万円などという生半可な金額ではなく何百万円であったとしたら、経営者のみなさんはどうされますか?

経営者として講ずるべき手段は

 

銀行で当座貸越契約(ご存知だと思いますが、個人を例にするとクレジットカードの枠のようなもの)などをされていらっしゃる会社でその枠が空いているのであれば、急な資金需要にもすぐに対応が可能です。

 

それが不可能であれば、ケースでご紹介したような今週末に資金が必要になる事由、例えば従業員への給与支払いや仕入先への支払いを先延ばしに出来るか打診しなければいけません。従業員はまだしも、仕入先への交渉は場合によっては非常に難しい場合があるでしょう。

借入申込から融資実行まで少なくても10日間が必要

 

そういった場合、非常に業績の良い企業であったとしても銀行へ借入申込をしてから融資の審査が下りて資金を調達するまでに少なくても10日ほどはかかります。そのため、今週中に間に合いません。

そんな時に元銀行員で中小企業の経営者としておすすめな方法はファクタリングという方法です。これは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達する手段です。手数料は売掛債権の信用によって変化しますが、即日入金も可能です。

まだ諦めてしまうのには早いです。ご興味がある方は下記広告より無料診断をされてみて下さいね。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。