読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファクタリング資金調達~中小企業が生き残るためにはこれ

債権の現金化をするファクタリングという資金調達方法について中小企業の経営者である私が説明しています。倒産を防ぐ方法としても有効です。なるべく簡単で分かりやすく説明をしていますので、ファクタリングの活用を検討されている経営者の方は御参考にしていただけたら幸いです。

資金ショートしそうな時にファクタリングの利用がオススメできる理由とは?

中小企業の経営者です。記事をお読みいただき、ありがとうございます。

 

f:id:tabibito1515:20151215122448j:plain

 

今回は、売掛金のボリュームがある程度大きい会社を経営されていらっしゃる方で、かつ、資金ショートがしそうな状況である方に対して、ファクタリングの利用をオススメしたいと思います。

 

資金ショートとは

 

まず、資金ショートとは現金が不足してしまうこと。その理由は売上は上がっていて黒字なのにもかかわらず、その売上が現金での入金ではなく売掛金であるために後日入金されるためです。そのようなケースが多いために、現金不足に陥ってしまう企業が多くあります。

 

ただし、毎月安定した売掛債権がある場合は、ファクタリングというサービスを利用することで売掛金を現金化することが可能となります(もちろん様々な条件が必要です)。具体的には、売掛債権をファクタリング会社が買い取り、その買い取ってくれた資金が入金されることで現金化が出来ます。

倒産は絶対に避ける

 

資金ショートをしてしまって、黒字倒産などとなれば取引先への迷惑にもなりますし、もとより従業員の方の生活を守ることも難しくなってしまいます。そういった最悪の事態を避けるためには、中小企業の経営者としては何が何でも阻止をしなければいけません。

 

銀行がお金を貸してくれる段階であれば、全然心配をする必要はないのですが、銀行からの融資を断られたり、ノンバンクか

 

らの借り入れも難しいというような状況に陥ってしまうと、いよいよ倒産してしまうのではないかという心配がよぎってしまいます。

ファクタリングの利用も検討する

 

お金を借りる手段は色々ありますが、特に売掛金などの売掛債権が多い企業であればファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。毎月安定的な売掛金があり、その販売先の信用状況が著しく悪くなければ、即日入金も可能ですので、急に資金が必要になった場合でも活用できます。

 

中小企業の経営者の方で、色々と資金ショートするのではと苦しんでいらっしゃる方にとって有益な情報であるかと思いますので、ファクタリングについてお調べしてみて下さいね。